経験則

人付き合いには様々なタイプのものがあります。
上辺だけのビジネス的な付き合いや、先輩後輩と言った上下関係、親しく腹を割って話せるような間柄や、その人のために何かをしたいと思える程にお互いが大切な存在という関係もあります。
親兄弟や親友ともなれば、人生の中で切り離すことのできない強い繋がりができるものですし、無条件で親愛の情を持つことができるでしょう。
家族だからという理由があると例え嫌なところがあったとしても、憎み切ることは難しいはずです。

そしてもう一つ、恋人という関係は人間関係の中でも最も深く強い絆が結ばれる場合があります。
しかし恋人とは一体どういう存在なのでしょうか。
親でもなく兄弟でもなく、いってみれば赤の他人です。
それが家族になるかどうかはたった一枚の書類への記載に関わる程度の事ですが、重要なのは結婚したいと思える関係になるまでの過程です。

結婚したいと思える相手や、そう思ってくれる相手との出会いはどこに行けば起こるのでしょうか。
自分が結婚したいと思える恋人がいたとしても、その恋人が同じ思いを抱いてくれている可能性はどれほどあるでしょう。
相手がどれだけ自分との恋に本気かという問題は、恋愛をしている男女が真剣に悩むポイントです。
人の心の中は見えません。
上辺だけで他人と関係が築くことができてしまうように、付き合っているからといってお互いに見ている未来が全く同じとは限らないのです。

実際に目を見て話している相手でもここまで難しい問題なので、出会いアプリのように顔の見えない人が相手であれば尚更でしょう。
出会いアプリをきっかけに知り合った男女が結婚することもありますが、そんなチャンスを狙ってアプリに登録した人全てが良い出会いに恵まれるとは限りません。

しかし、行動を起こさなければ何も始まらないのもまた事実です。
合コンでもお見合いでも出会いアプリでも、出会いの場を見つけて本気になれる相手を探す努力は必要でしょう。
出会いを重ねれば他人を見る目も養われていきます。
将来につながる出会いを探し、様々な経験を積むのも良いでしょう。